パソコン財務会計主任者

パソコン財務会計主任者


社団法人コンピュータソフトウェア協会が、
パソコン財務会計システムに関する正しい知識と実務能力を
認定する試験制度です。1級と2級があります。

会計ソフトの普及、経理、財務関係のオフィスのネットワーク化に伴い、
データだデジタル化されていく中、
簿記とパソコンスキルの両面からその能力を問う試験です。

役立たないわけではありませんが、
簿記とそろばんという昔のスタイルから、
パソコン技術とパソコン財務会計主任者という流れに
変わってきているのでしょうね。

簿記の知識とパソコンの知識を問われることから経理や財務、
一般事務の中で非常に役立つ資格だと言えるでしょう。

昔からそうなのですが、そろばんや簿記をはじめ、
お金の計算に強いヒトは、何かと仕事場でも重宝されます。
さらにパソコンも使えるわけですから、パソコン財務会計主任者は
かなりオススメなパソコン系の資格のひとつですね^^

数字に強く、計算が好きな方は一度、考えてみては?

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 パソコン検定(P検)試験をやさしく解説. All rights reserved