CD−ROM教材で学ぶ

パソコン(P検)


P検には、CS−OneというオフィシャルCD−ROM教材があって、
それを使って勉強することができます。
各級それぞれ別々に販売されていますが、
それぞれの級の出題範囲をキッチリと網羅しています。

毎年内容が見直されますから、最新のものを購入すると良いですよ。

CS−Oneの特徴として、公式サイトによると
・P検の出題範囲に完全準拠
・カテゴリ別に不得意分野だけの学習も可能
・P検模擬試験(タイピング付)2パターン収録

すばらしいですよね。(^v^)
結構、問題もいいところをついていると評判です。

お値段も意外にお買い得だと感じました、5,250円です。
スクールに通うことを思えば…どうでしょう?

気をつけたいのは、P検2級には「実技テスト」がありますが、
CS−Oneには含まれていません。
起動させるためにマシンスペックの制限もありますので
自分のパソコンで動作するかどうか確認が必要です。

ちなみに、公式サイトの紹介ページから、サンプルが見られます。
一度ご覧になってみてください。(^v^)

女性の声で読み上げ式で、動きますし、すごく解りやすいです。
文章でクラスタと言われても、どの場所かということが
解ったようで解っていないこともありますが、
目から入る情報のカタチで「ここですよ〜」と教えてもらうと、
一発で覚えられますよね〜。

でも、これ見てたら、私、眠く…なっちゃう…prz
速度と…声が平和で心地いい…zzz

タイピングも出来るし、試験範囲にピッタリと
沿っていますから、なかなかいい、親切な教材ですよね。
何か作業をしながら、裏で動作させておけば、
じーっと見てなくても、耳から知識が入ってきます。

こういう教材が自分に合う、合わないもありますが、
こんな勉強方法もあると言うことを、覚えておいてくださいね。

PICK UP!! 日商PC検定3級講座の無料資料請求はコチラ

関連エントリー


 
Copyright © 2007 パソコン検定(P検)試験をやさしく解説. All rights reserved