実務経験が生きるパソコン検定準1級

うーん、結構ヘビーな内容ですね…(^^;;

このレベルになると、なかなか学校の勉強だけでは難しい内容だと感じます。
机上で詰め込むより、実務で経験として得る技能や知識が
生きる内容となっています。

社会人がこの分野に強いのは、実際に仕事をする上で
このレベルのことは、当たり前に必要となるケースが多いことが挙げられます。
特に、情報処理系の専門職なら、新入社員でも
スグに身につけなければ仕事になりません。

そういう私も、アクセスというソフトの名前も知らなかったのですが
現場で教えられ、実践で使えるようになりました。
データ処理系のプログラムを作る上で、
条件を満たすデータを合致させて検証するのに
データベースの概念はどうしても必要なんですよね。

とはいえ、アクセスを触ったことのない人なら引いてしまいますよね。
与えたれたデータを処理する仕事はあっても
自分でフォームを作って、データ管理や抽出をする職務は
限られていますものね。

ただし、このレベルまで到達した人なら、
アクセスを触って実際にデータを打ち込んで使ってみることで
データベースの概念やここにあるアクセスの基本的な使い方などは、
十分に理解出来ることですし、短時間でマスターできる範囲です。

アクセスを早く覚えるポイントは、生活に密着したデータを使って、
1つづつの機能を確かめながら覚えていくことです。
レンタルビデオ屋さんの擬似データを作ってみるのがオススメですよ。

そうそう、P検には準1級以上の級のテキストや、問題集がありません。
ただ、初級システムアドミニストレーターの試験レベルが
P検の2級と準1級の間ぐらいという評価があります。
問題をこなして知識を広く蓄えるために、
初級シスアドの問題集も網羅しておくと役立つことでしょう。

PICK UP!! 日商PC検定3級講座の無料資料請求はコチラ

関連エントリー


 
Copyright © 2007 パソコン検定(P検)試験をやさしく解説. All rights reserved