専門知識の確認はパソコン検定2級

ちょっとパソコンに詳しい方なら、
出題範囲見て「ふーん」と思われることでしょう。(^v^)
趣味でプログラムを組んだり、ホームページを作ったりする中で
少しづつ覚えていける内容でもありますよね。

どちらかと言うと、教科書を読んで理解するより、
趣味や仕事で使いながら覚えていく内容が多く見られます。
ただ、それだと必要な部分しかマスターできませんから
何が出来たらいいのかという確認は必要ですよね。
問題を見てみても、意外に細かいところが出ていて、
興味深く、知識の確認になりますよ。

実技はマイクロソフトオフィススペシャリストのワードと
エクセルのそれぞれのエキスパート(上位レベル)、
初級システムアドミニストレーターの知識を網羅しておけば
大丈夫かな(^v^)という範囲ですね。

表計算やワープロで求められる技能が
ちょっと高度で難しくなって、普段使わない部分も問われます。
面倒な問題も「こういうこともできるんだ〜!」という発見に変えて、
前向きに勉強するのがコツです。

実際の業務に生かせる使い方も見つかりますので、
面倒くさがらずにチャレンジしてくださいね。(^v^)

PICK UP!! 日商PC検定3級講座の無料資料請求はコチラ

関連エントリー


 
Copyright © 2007 パソコン検定(P検)試験をやさしく解説. All rights reserved