知っておきたいパソコン検定準2級

さてさて、準2級。

会社でパソコンを使って事務仕事をしたり、
社内システムを使ったり色々業務をこなす人や、
報告書の雛形を作ったり、社内文書を作るのにパソコンを使う方も
このレベルの問題や用語を見て、
随分と分かりやすいのではないでしょうか?(^v^)

家でパソコンの環境を整えるときも、
自分がパソコンでやりたいことをハッキリ示せて選んで
お店の方とも説明を受けるだけでなく、
話ができるようなレベルですね。
販売する側、教える立場なら最低限知っておきたい内容ですよね。
事務的な仕事をする上でも、十分な知識と技能と言えます。

逆に学生だと、イメージが掴みにくい部分があるかもしれません。
バイト先などの経験を膨らませて、
具体的にイメージしながら理解してくださいね。
生活に密着した内容もありますので、勉強しやすいですよ。

公式テキストや問題集も利用しながら、勉強を進めて
間違って覚えていることはキチンと訂正していってくださいね。
ワープロや表計算のレベルは、
マイクロソフトオフィススペシャリストの
エクセルとワードの標準レベルを網羅しておくと良いでしょう。

気をつけたいのがタイピングですね。

10分間に700文字ということですが、
イメージしにくいんですよね。

ちなみに、日商ワープロ検定の1級は
10分で800文字が正確に打てることが速度と精度の合格基準なので…

えええええ…!(- -;;;<キツくない?!

いえいえ、そんなことはありませんよ。
P検のタイピングは漢字変換がありません。
漢字変換キーを押して漢字を捜す必要はないので、時間短縮になりますよね。
打ち間違った時の訂正も必要ありません。
その代わり、間違えたところで止まってます。
空打ちすることになるので気をつけてくださいね。

10分間集中してタイプし続けることも、慣れていないと苦痛です。
練習と言うより、鍛錬をしておいたほうが良いですよ。

タイピングの練習方法などは、
勉強についてのところで個人的にアドバイスしますね〜!

オススメのソフトがあるんですよ、面白いのが。(^^)

PICK UP!! 日商PC検定3級講座の無料資料請求はコチラ

関連エントリー


 
Copyright © 2007 パソコン検定(P検)試験をやさしく解説. All rights reserved