基本をおさえたパソコン検定3級

P検を導入している企業では、
3級と言うのは一種の目安になるレベルのようです。
一定の評価を得られるということですよね。

P検はパソコンの一般知識から、タイピングから表計算、
ワープロ、インターネットやLAN、セキュリティを網羅します。
色々な検定の3級をそろえるより、効果的ですよね。

3級を勉強することで、パソコンは電源を入れるところから、
各装置の機能、OSに関する基礎的な知識、
ネットマナーやモラル、セキュリティに関して常識的な知識を
しっかりと身につけることができます。

企業でよく使われているエクセルやワード、
一太郎などのワープロソフトや、表計算ソフトに関する問題も
出題されるのですが、基本的な機能を使う部分で、
使っている人にとっては簡単なものです。

問題集などに沿って勉強をするのも良いですが、
自分のスケジュール表を作って、印刷するまでの手順を
一度通しでトライしてみてください。
出来上がった時点で、ほぼ3級で必要なレベルを習得していますよ。

タイピングは、10分で600文字…
これは1分に換算すると分かりやすいですよね。

1分に60文字…ということは、
そうです、1秒に1文字をきちんと打てればいいので、
大体の速度が掴みやすいですよね。

PICK UP!! 日商PC検定3級講座の無料資料請求はコチラ

関連エントリー


 
Copyright © 2007 パソコン検定(P検)試験をやさしく解説. All rights reserved