準1級のアクセスの勉強法

パソコンをしている


エクセルやワードは知っているけど、
「アクセスって何?」という方は、多いでしょうね。

家庭用のパソコンで、オフィスがプレインストールされている機種で、
エクセル、ワード、アウトルックは入っていても、
パワーポイントやアクセスは
最初から入っていない場合もありますよね。

私のノートパソコンは最近クラッシュして、
メーカーで修理と再インストールをして戻ってきたのですが、
アクセスとパワーポイントが入っていません。
アレ?自分で抜いたんだったかな、使わないのに、重いから…。

ホント、それほど家庭ではあまり、出番のないというか…(^^;;

ですが、わざわざインストールする必要も出てくるかも知れませんね。
ちょっと面倒ですが、仕方ない…。
使ってみた方が解りやすいソフトなんです。

さらに、準1級には、問題集やテキストが出ていません。
ですので、勉強方法も迷いますよね。

スクールのアクセス講座を受講するのも良いですし、
アクセスの参考書や、問題集もたくさん発売されています。

でも、アクセスはいい問題があるんですよ。(^^)

ズバリ!マイクロソフトオフィススペシャリストの
アクセスをこなしておけば大丈夫です。
なぜなら、マイクロソフトオフィススペシャリストのアクセスは、
アクセスの全機能を使えるかどうか試す試験ですからね。(^v^)

同時に、マイクロソフトオフィススペシャリストの
アクセスの勉強もできてしまいます。

初めての方は、試しに、色々と触ってみてくださいね。
アクセスは独特の言葉が多いので、テキストだけで覚えるより、
実際に動かしてみて、言葉にその動作を関連付けて
覚えるのがオススメです。

解りやすい、身近なものをデータとして打ち込んで、
色々な条件で抽出してみると、
意外に面白くてわかりやすい、とても便利なソフトですよ。

普段アクセスを使う方も、出題範囲にある操作は
正確に使えるように、確認してくださいね。
手慣れた操作も、言葉に置き換えて問題のカタチになると、
意外にわからないこともありますので、甘く見ないように。(^^)

PICK UP!! 日商PC検定3級講座の無料資料請求はコチラ

関連エントリー


 
Copyright © 2007 パソコン検定(P検)試験をやさしく解説. All rights reserved