タイピングは楽しく身につける

タイピング


私も高校生のときに、ワープロ検定を受けるということで、
タイピングの練習を意図的にした経験があります。

一応合格してるんですが、多分、日商ワープロ検定ではないかと…。
コレって、今は日本語文書処理技能(日商文書技能)の
3級に当たるのかな…?

その時は教科書の文字を打ち込んで練習したのですが、
3級の合格がやっとでした。(^^;;

改めて調べてみると、日商ワープロ検定3級の合格速度は
10分で350文字を入力して、
正答入力文字数342字以上ということです。

精度も必要なので、速度ばかりのことは言えませんが、
PC検定の4級が10分で450文字ですから、
スピードだけ見れば随分ゆっくりですよね。

ワープロ検定3級レベルで根をあげた私ですが、
タイピングが出来ないとどうにもならない職場でしたので
プログラム言語をひたすらタイプし、説明書を作り、
仕様書を作り、メールを打っているうちに、自然に身につきました。

タイピングの練習は、必要に迫られて覚えるのが一番早いです。(^^;;

英会話でも、英語圏の人と恋をすると
とっても早くマスターできるって言いますよね。(^v^)

とはいえ、なかなかそんな環境も状況もないのですが、
例えば、趣味でホームページを作ってみたりするだけでも、
十分キーボードに慣れる事もできますし、
友達とメールやメッセンジャーでやり取りをしたり、
チャットや掲示板に書き込んで交流をするには、
どうしてもタイピングが必要ですよね。

P検(パソコン検定)

遊びながら覚えると、あっという間に身につきますよ。
楽しいと感じながら、身につける方法を見つけてくださいね。

ただし、我流で覚えてしまうと、
ある一定の速度以上は、身につかないことを覚えておいてくださいね。、
キチンとしたタイピングを身につけたい方、見直したい方は
次以降の項目を覗いてみてくださいね。

PICK UP!! 日商PC検定3級講座の無料資料請求はコチラ

関連エントリー


 
Copyright © 2007 パソコン検定(P検)試験をやさしく解説. All rights reserved